2008年08月08日

復縁実話 Aくんの場合

「あんなに好きって言ってたのに、アッサリさようなら、だもんな・・・」

友人のAくんが泣きそうな顔で言った。
彼は先日、1年半も付き合っていた彼女にフラれたのです。

Aくん「なんで世の中、復縁できましたー!なんてカップルがいるんだ?
    きっとオレほどこっぴどくフラれたワケじゃないんだろうな。
    なんせ彼女、電話にも出てくれないし、メールも無視だし。」


実は、私も数年前、Aくんのように恋人に捨てられた経験があります。

そんな私が今や、復縁アドバイザーとして、数多くの復縁を手がけているのだ。

それを知らないAくん。教えてあげようかな。

わたし「実は、復縁する方法があるんだけどさ」


Aくん「何でそんなもん知ってるんだよ。
    てか、そんなにカンタンじゃないよ・・・」


わたし「そうでもないよ。さすがに、今すぐってワケにはいかないけど。
    Aくんの場合2ヶ月くらいで、出来るよ、復縁。」


Aくん「マジで?どうやって?」


わたし「うん、まず○○○○をして、次に連絡を取るんだ。
    それにもルールがあってね、・・・・・・・・・・・」

私はAくんのケースの場合、どうすれば復縁できるのかをサラっと説明した。

Aくん「そんなんでホントにアイツ戻ってくるかな?」

わたし「うん、これはけっこう確率高いよ」

実は復縁にもルールがあって、タブーな行動、グっとくる行動、
それらをきちんと使い分けることで、かなり復縁の率が上がるのだ。

Aくん「それってオレみたいな最悪な状況でもできる?」

わたし「できるよ。しかもAくんの場合、別に最悪じゃないし。」

私はこれまでメールのみでやり取りしている復縁アドバイスを
当人が実践している様子がこの目で見られる!とワクワクしていた。



それから1週間後、興奮気味な電話が入った。


Aくん「彼女からメールが来たよ!!
    今まで完全ムシだったのに。お前、スゲーな」


しかし、本当の復縁はここからが勝負なのです。
私はAくんに、再度、今後の流れを伝えました。



すると1ヵ月後・・・

Aくん「やったよ、彼女とやり直すことになった!ホントありがとう」


私は思わず微笑んでしまいました。
「やっぱり、こんなにも喜んでもらえるなんて、良い方法を発見した」
【関連する記事】
posted by miyoko_e at 12:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。